2月3日は龍泉寺 星祭節分会護摩供でした。

昔から日本に伝わる「九星気学」では、生まれた年に応じて運命の星が決まると考えられています。
星祭では、良い年はより良い年になるように、悪い年は災難を免れるようとご祈祷させます。

普段はお堂の中央に弥勒菩薩像が鎮座していますが、
この日は特別な曼荼羅を掲げてご祈祷を行います。

 

 

龍泉寺の本堂の中では参拝者の祈願護摩札が無くなるまで護摩が焚かれます。
本堂の中がいっぱいになるほど多くの方々が参拝を行うので祈願護摩札が全て焚き上がるまでに約2時間半。
その間休憩することなく住職と参拝者は般若心経を読経し続けます。
護摩壇回りの住職や修験者は、顔を赤くし汗を吹き出しながらご祈祷してくださいます。

 

 

「護摩」という儀式だけを切り取ると龍泉寺では定期的に行われますが、
護摩によって目的や意味合いが違っていて、そしてそこに参拝者それぞれの願いが込められています。
信仰と生活が密接に関係していると一年を通して感じられるのが天川村です。